2018年10月05日

入荷情報@

朝晩が肌寒くなってきましたね。季節の変わり目は体調管理お気を付け下さい。

さて秋になって注目のアイテムが入ってきてるので紹介しときましょう!


karrimor(カリマー) ridge30,40(リッジ30,40) Steel Blue(スティールブルー)
カリマー リッジ.jpg
カリマーのシンボルとも言えるリッジ
日帰りから小屋泊まで対応の30 軽量テントのテン泊まで対応の40
初めてザックを買われる方にも、山歴うん十年のベテランさんにもリッジの大きなヒップベルトによる、腰で背負って荷重を分散する安心感と背負い心地をぜひ体感してほしいです!
今回は新色のSteel Blueが登場!落ち着いた色が紅葉の赤、雪山の白にマッチ!

GRANITE GEAR(グラナイトギア) アドオンポケット
アドオン1.jpg
ザックにくっつけるスマホケースの中でも多くの他社の製品にも対応できる注目の商品、ようやく入荷です!

あどおん3.jpg
これはiPhone7ですが、大型のスマホも十分入る大きさ。
あどおん4.jpg
縦に一本のバンドと横に二本のベルクロ、上部の引っ掛けでさまざまなザックに対応できます。

アドオン2.jpg
柔らかく、少し厚みもあるのでサングラスケースとしてもGOOD!
ダブルジッパーなので、横向きにしてヒップベルトに着けたりパンツのベルトに通して使えたりと汎用性抜群です!

是非お店に遊びに来て触ってみて下さい!!
かわべ
posted by ラリグラ at 12:40| 福岡 ☔| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

キノコ3兄弟?

こんにちは、
スタッフ平島です
今日は気持ちの良い秋びよりとなりました!
当店の近くの小学校では運動会があって賑わっています。

昨日、昭和の森から三郡~内ケ畑コースへおりる周回コースを
歩いてみました

20181002_113722.jpg
これは、、、「タマゴタケ」
このあと、ポコっと顔を出して上に伸びていく
のでしょうが、このタイミングで見るのは初めてです。
探してないものがひょこっと見つかるものですね。
これまた、山歩きの面白いところです。
タマゴタケという名前、みょうに納得です。
20181002_113733.jpg
食べられるキノコだそうですが
こんな完璧なフォルムを壊す気には到底なりません。。。

道すがら、1か月前はこんな風に田んぼに実った稲があったのですが
20180904_130620.jpg
昨日は、すっかり稲刈りがなされていました。
(障子岳バス停近くです)
なんか、秋を感じます😃
さて、山での続き、、
20181002_133347.jpg
黄花秋桐(キバナアキギリ)スミマセン、葉っぱにピントが合ってるみたいです・笑
その群生地もありましたよ
20181002_140514.jpg
このコースは静かでゆっくり山歩きができていいですね。

20181002_134816.jpg
これは、引き起こし(ヒキオコシ)シソ科ヤマハッカ属
かと思われます・・・自信なし

昨日は曇りで気温も低め。涼しい感じでした。
頭巾山の山頂は12℃くらいでしたので
何か羽織れるウエアがあるといいかと思います。
虫は気にならないほどに減りましたので
気分よく山歩きが出来ました。


そうそう、山頂でお客様とバッタリ会いまして
その方は14kgの荷を背負って
昭和の森(河原谷)~ウサギ道~宝満山を登りかえして頭巾山へ
来られていて、、
「登ったり下ったりをして累計標高差が1200mくらいにならないと
やっぱり、訓練にはならないからね。」とのこと。
すごい!!


では、また。


posted by ラリグラ at 16:02| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

嘉穂アルプス 縦走してきました

こんにちは。
スタッフ田村です。

先日、嘉穂アルプスを歩いてきましたので、ご紹介です。

福岡県嘉麻市と朝倉市の堺に位置する嘉穂アルプスは、馬見山・屏山・古処山・江川岳からなる古処連山の通称。
2016年には日本山岳遺産に認定されました。

今回は、古処山→屏山→江川岳→馬見山の順に歩いてきました。

いつも通り、公共交通機関をフル活用して、行ってきましたよ。
西鉄薬院駅から始発に乗って、甘木駅へ。
甘木駅からは、バスに乗り換えて野鳥のバス停で下車。
JRの場合は、基山から甘木鉄道に乗り換えることで、甘木まで行くことができます。
5:18薬院発で、7:44野鳥バス停着。なかなか遠い。。

image1.JPG
野鳥バス停から徒歩約10分で古処山登山口

まずは、古処山の山頂を目指します。
お隣の英彦山同様、古処山も古くから山岳宗教の聖地であったそうです。

image2.JPG

image4.JPG

image6.JPG

沢沿いを詰めていくのですが、土砂崩れや倒木も多く、登山道が完全に崩壊している個所も多々ありました。

image20.jpg

image7.JPG

林道終点を横目に。
5合目。
どんどん登ります。

image8.JPG

image10.JPG

なんだか視線を感じるナアと思ったら、そこには名もなき野仏か、それとも鹿か。

image9.JPG

古処山のピークを踏んだら、「大将隠し」へ寄り道。

image11.JPG
大将隠し

なるほど、確かに高い岩壁に遮られており、大将が隠れることができそうです。
中に入って写真を撮ったりはしません。
ひとりなので、自撮りだとなかなか難しいんですよ。。

それから、縦走路に出るともう最高!
標高800m程度なので、森林限界を超えてはいません。
枝葉から差し込む木漏れ日と、ほどよく抜ける風が大変気持ち良し。
思わず駆け出したくなるトレイルです。

image12.JPG
まっすぐ伸びるヤブツバキのトンネル

それからサクッと屏山のピークを越え、江川岳へ。
江川岳は、2018年に命名された新しい山(ピーク)です。
寄らずに近道で巻いて行くこともできますが、せっかくなんで寄りましょう。

image13.JPG
江川岳への最後の登り

image14.JPG
唯一ピークの写真 江川岳


それからググッと標高を下げて、宇土浦越。
ここまで休憩なしで3時間ちょっと。
馬見山への最後の登り返しの前に、小休止。

image15.JPG
宇土浦越

そして、馬見山のピークへ。
北側と南側、ふたつの展望が楽しめますよ(...写真なし)。


下山は馬見山キャンプ村方面へ。
小石原方面へ下りると、帰りのバスの都合が悪かったため。



御神所岩へ寄り道。
巨岩、奇岩好きにはたまらんスポット。
ぞくぞくします。

image17.JPG
御神所岩を真下から

image16.JPG
グダーのサングラス お買い求めはラリーグラスへ

あとはのんびり下山。
すれ違う地元のおじいの話を聞く。
馬見山の山頂に小屋を建てた経緯など。

image18.JPG
12:26 下山

馬見山キャンプ村からの帰りのバスは、
13:37で、その次が15:33ということで、なかなかシビア。
始発で早めに出たのは、そういった理由があったのです。

しかし下山が思ったよりも早かったので、次のバス停である馬見神社まで歩きました。

image19.JPG
馬見神社で手を合わせて終了


ということで、
今回の行程約13km。
縦走路は細かいアップダウンが続きなかなか歩きごたえがありました。

先日の北アルプスでは3日間歩き回ってもなんともなかったのですが、
嘉穂アルプス縦走翌日は、なんと久しぶりの筋肉痛。しかも割とガッツリ筋肉痛。情けない。。
嘉穂アルプス恐るべし。低山万歳。。


アアそれにしても、山歩きがとっても気持ち良い季節になってきました。
さてさて次は何処の山へ行こうかしら。



posted by ラリグラ at 17:01| 福岡 ☔| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARC'TERYXのビジネスユースパックも優秀です。

通勤、通学などタウンユースで活躍するARC'TERYXのデイバック

Blade20
blade20.png
流線型のボディは荷物が少なくても形が崩れないつくり、スーツで背負っていてもしっかりキマる。
blade20 2.png
メインコンバートは全開し、ジャケットや弁当などしやすくiPadや書類用のポケット

blade20 オーガナイザー.png
前面のオーガナイザーポケットも充実。整頓ができるビジネスマン、かっこいいです…。

「出張用に使うから一泊はするし、20gじゃ容量が足りないよ…」という方には



Blade28.png

Blade28
blade28 メイン.png
メインコンバートはより深く設定し、1泊分の出張装備も収納可能。
会議の資料、PCなどビジネスで必要な物もしっかりパッキングできます。

秋からのビジネスバッグはARC'TERYXでいかがでしょうか?

かわべ
posted by ラリグラ at 13:10| 福岡 ☔| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

ノースフェイス アウトドアサミット  

岡田です。こんにちは。
26,27日で、ノースフェイスさんが開催された、販売店向けのミーティングに参加させて頂きました。。


初日は、富山にある工場見学。最先端の技術と、モノ造りへの真摯な姿勢に感銘を受けました。
そして、懇親会という名の飲み会。



二日目は、立山にて散策のアクティビティーです。
室堂より出発!

DSC_0029.JPG

DSC_0036.JPG
ガッスガスですが、紅葉は抜群!ガイドさん曰く、いまが一番良い時の様です。



こんなガスの日には、きっと会えるはず・・・と期待していたら
DSC_0058.JPG
居ました!!雷鳥さん。
これから冬になると、真っ白になるんですよね。


登っていくにしたがって、だんだんガスが晴れてきましたよ。
DSC_0050.JPG
あれれ、これは見えるんじゃないかい?

DSC_0060.JPG
おお〜!
手前は大汝山かな?そして奥には、凛々しい剱岳のお姿が〜。
一気にテンションが上がりました。




そしてもう一つ、とっておきのサプライズが、我々を待っていました。
ノースフェイスのサポートアスリートである田中陽希さんが、合流されていたのです!
DSC_0069.JPG
笑顔がとっても素敵な方でした。ありがとうございます。



有意義な二日間となりました。
ノースフェイス・ゴールドウィンのスタッフの皆さま。
参加された全国の販売店の皆さま。
本当にお世話になり、ありがとうございました。





posted by ラリグラ at 20:48| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする