2020年02月23日

背振山系が日本山岳遺産に認定!!

福岡県と佐賀県の県境である背振山系が日本山岳遺産に認定されました!
(認定自体は2019年ですが、認定書授与があったのが2020年2月15日です)
で、認定書を『背振の自然を愛する会』代表の池田氏より送っていただいたので弊社ブログでもご報告させていただきます
img123.jpg

ちなみに日本山岳遺産とは・・・

「日本山岳遺産」とは、次世代に伝えたい豊かな自然環境や、人と自然の関わりがあり、それらを守りながら活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、日本山岳遺産基金が認定するものです。

日本山岳遺産基金は、日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された基金です。株式会社山と溪谷社と株式会社インプレスホールディングスを正会員として、その会費と、当基金の主旨・活動に賛同する賛助会員からの会費をもとに各種活動を行っております。 「次世代育成」「山岳環境保全」「安全登山啓発」の3つをテーマに活動を展開しています。

認定にあたっては、地域からの自薦にもとづき、外部有識者による諮問機関であるアドバイザリーボードからの意見を参考にして、日本山岳遺産基金事務局が決定します。

[認定対象]

認定は、「自然景観」「生態系・生物多様性」「文化・歴史」のいずれかが優れている山もしくは山岳エリアにおいて、NGOや自治体といった各種団体が「日本山岳遺産基金」の目的に合致する活動を行っていることが基本となります。

山岳遺産認定地.jpg

■2019年度の日本山岳遺産の認定地と認定団体
無題.png

ここで当店もいつもお世話になっています脊振の自然を愛する会の説明を。

●脊振山系(福岡県・佐賀県)/脊振の自然を愛する会
【山の概要】
多くのブナ林や広葉樹があり、福岡・佐賀両県の重要な水資源地となっている。福岡市街からほど近く、春夏は多くの山野草に彩られ、冬期は樹氷や積雪による雪山体験ができる。野河内渓谷は家族連れなどで賑わう景勝地。
【認定団体】
2008年に福岡市早良区役所と西南学院大学WV部OB・OGが行った道標設置活動を継承し、2012年6月に設立。
福岡・佐賀県境にある脊振山系の道標整備や登山道整備、自然保護活動を実施。また、福岡市早良区役所と協力し、山開き、清掃登山を通じて環境活動を行っている。

2019-sefurisankei-01.jpg

今後は助成金を通じて更にレスキューポイントの設置に力を入れていくとのことで、
シミュレーション2.jpg
<サンプルです>
新たにドコモのアンテナの設置もあるとのこと。
ドコモと携帯電話の電波状況の確認作業をしますが、
ドコモのアンテナを新たに設置する計画はありません。
とのことでした。失礼致しました。

「次世代育成」「山岳環境保全」「安全登山啓発」テーマのもと当店ラリーグラスもお手伝いをさせていただきます

改めまして『背振の自然を愛する会』、代表の池田さんおめでとうございます!

周平

キャッシュレスで5%還元対象店舗となりました!
616x120-thumbnail2.jpg

posted by ラリーグラス at 19:19| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする