2019年10月11日

下の廊下〜水平歩道を歩いてきました

こんにちは。田村です。

先日、
下の廊下〜水平歩道を歩いてきました。
黒部ダム発→阿曽原温泉小屋にて1泊→欅平へ。

ただ、生憎の雨模様。
昨年の北アルプス遠征も同じような天気だったような。。

IMG_4331.jpg
扇沢

前日夜半からのまとまった雨で、黒部別山谷の渡渉ポイントが増水しているとのこと。
下の廊下の情報は、
阿曽原温泉小屋のHPをチェックすると、基本的に間違いが無いです。
リアルタイムで、随時発信し続けてくれています。

予報では、この日の雨のピークは正午。
とにかくそれまでに、というより一刻も早く、渡渉ポイントを越えた方が良いだろう。
...ということで、先を急ぎます。

IMG_4362.jpg
8:10 黒部ダムを下から


下の廊下は、北アルプスのど真ん中を貫く黒部川の、黒部ダムより下流のエリア。
深い峡谷となっており、豪雪地帯ということもあり雪解けは遅く、
登山道として開通するのは、例年9月下旬から10月にかけての約1ヵ月程度。
まさに秘境。黒部!


黒部川の左岸を行きます。


IMG_4370.jpg
岩壁に一本の線が見えるでしょうか?

断崖絶壁に無理やり作られた登山道は、
古くは戦前から、電源開発または調査のために作られたものだそうです。

IMG_4399.jpg


雨の中、順調に歩を進めていたのですが、段々と危険な状況に。
あらゆるところから滝のような激流が噴出しており、行く手を阻みます。
あっという間に全身がずぶ濡れになります。

IMG_4400.jpg

このようなポイントがひたすら続く。
前日夜からの雨、たった半日でこんなに危険な状況になるとは。
恐るべし、黒部峡谷。


神経をすり減らしつつ、ついに渡渉ポイントへ。

IMG_4416.jpg
10:30 黒部別山谷 渡渉ポイント

激流。濁流。。
179cmの僕の太もものあたり。
あと数cm水量が多かったら、間違いなく渡れていません。
実際にこの日の正午過ぎ、事故が発生してしまったようです。
ヘリで救出され、命に別状はなかったとのこと。

絶対に無理はしないこと。改めて肝に銘じました。
皆さんも、くれぐれもお気を付けください。


IMG_4421.jpg
下の廊下 核心部の白竜峡付近

IMG_4428.jpg
十字峡吊り橋

IMG_4429.jpg

IMG_4433.jpg

十字峡吊り橋でやっと心に余裕が出てきて自撮り。
ソロだとなかなか写真が難しいですからね。

と、ここで!
なんと一瞬の晴れ間から虹が。

IMG_4452.jpg

時間にして、わずか30秒くらいでしたが、とても感動的な光景でした。
No Rain, No Rainbow とはよく言ったもので、
この厳しい状況の中で僕は、深い充実感を味わっている。

IMG_4456.jpg
12:15 濁流のS字峡を望む

アア良かった良かった、やっぱりなにがどうであれ最高だナア。
そう思って再び歩を進めていると...

滝が行く手を阻む。。

IMG_4464.jpg
アア...やっぱりキビシイゼ



仙人谷ダムが見えてくると、あとは危険な個所は無し。
吉村昭さんの小説「高熱隧道」の舞台にもなった仙人谷のトンネルを抜けます。

IMG_4488.jpg
入口

IMG_4492.jpg
出口

ここは人が立ち入っていい場所ではないだろう...と思わせる、
なんとも不思議な(不気味な)トンネルです。
実際に足を運んで見てほしいです。


そして雨が本格的に降り出す。
阿曽原温泉小屋へ。

IMG_4493.jpg
14:00 阿曽原温泉小屋 着

雨止まず。
テントを設営し、やることもなく、持参したウイスキーを舐めながら昼寝。


阿曽原温泉小屋は、露天風呂があります。
夜、雨が止んだタイミングで山道を下り、貸切温泉を満喫しました。
ヘッドランプ必須。

IMG_4495.jpg
ホラー(?)

IMG_4496.jpg

IMG_4497.jpg
完全にホラー


翌日。
天気は回復する予報。

IMG_4500.jpg
テントはゼログラムの新作


阿曽原温泉小屋から欅平までは、特に難しい個所も無く、
のんびり気持ち良く歩くことができました。


IMG_4504.jpg
ありがとう阿曽原温泉小屋

IMG_4514.jpg
なんだか久しぶりに太陽の姿を拝むような

IMG_4522.jpg

IMG_4525.jpg

IMG_4528.jpg

IMG_4533.jpg

IMG_4534.jpg

断崖絶壁をまっすぐトラバースします。
まさに水平歩道。
とにかくスケールがでかくて、これは写真じゃなかなか伝わらない。

IMG_4540.jpg
1本の線が見えますよね?

IMG_4597.jpg
拡大

欅平へ下り、今回の山行は終了。
ノーピークだけど、とてもタフなルートでした。

IMG_4543.jpg
10:50 欅平ビジターセンター 着



あとは、ビショビショになったテントの中身を乾かしたい。
ということで、
宇奈月→富山駅に向かう途中で見つけたキャンプ場へ。

IMG_4572.jpg
とにかく干す

IMG_4579.jpg
足元はメスカリートでした

今回活躍したテントは、
ゼログラムの「スルーハイカー1P」

ダブルウォールで1kg未満という軽さが魅力。
さらに、結露を抑えるインナーの生地「モノフィラメント」は抜群です。

IMG_4585.jpg
翌日朝 サラッサラ〜

さらに、個人的に好きなポイントが、
この小窓。

新規画像_492.jpg

新規画像_493.jpg
散らかってて失礼します

新規画像_491.jpg
フットプリントがこんな感じできます


今回、初日は雨でビショビショだったので、
濡れたウェアやらなんやら、このスペースにぽいぽい放り込んでおけたので、大変助かった。
入口前室部分とは別にこういった荷物置き場があるのは非常にポイント高いですね。
ギミック的にも面白い。

気楽なソロ山行にとても気持ちがイイやつです。
入荷したらお知らせしますね。


というわけで、
怪我なく無事に帰ってこれたことに感謝しつつ。。
次は、
黒部源流エリアを目指してみたいナアなんて思っています。

長々と読んでいただきありがとうございます。
それではまた!^^




posted by ラリーグラス at 17:59| 福岡 ☀| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする