2019年09月19日

初秋のくじゅう~泉水キャンプ場

こんにちは。

この夏は、ロードランニングに明け暮れておりました田村です。
先日、
定休日を利用しまして、お久しぶりのくじゅう連山へ行って参りました。

image1.jpeg
6:00 牧ノ戸登山口

気温は13℃程度。
北風がキリキリと冷たく、半袖では寒い。良い季節になってきましたね。
薄いシェルを1枚羽織って出発です。

image2.jpeg
阿蘇五岳がくっきり

空気は澄んでいて、天候バッチリ!
これは最高な1日になりそうな予感...!?

image3.jpeg
沓掛山

image3-2.jpeg
山々は秋の気配



のんびりと歩を進めていたのですが、
久住分かれのあたりで、なんだか雲行きが怪しくなってきました。
ものすごい勢いで雲が流れていきます。

image4.jpeg

image5.jpeg

あっという間にガスに包まれます。
吹き飛ばされそうになりながら、なんとか久住山のピークへ。
暴風の中、逃げるようにして下山。

これはこれで天候バッチリ!最高です。
山登りはこうでなくっちゃナア!...なんて思いながら、中岳方面へ。

image6-2.jpeg
御池

九州本土の最高峰がくじゅう中岳ということは、
九州で一番標高が高い池は、中岳直下の御池ということでよろしいんでしょうか?
きっとそうでしょう。
豊かな水をたたえる御池。
1年中、枯れることはありません。とても神秘的で美しい風景です。

と、ここで一瞬の晴れ間。

image6.jpeg
キラキラ!シャッターチャンス!


そして、
中岳登頂です。
少し吹き飛ばされました。

image7.jpeg
中岳 (暴風、危険)

image8.jpeg
天狗ヶ城 (暴風、危険)


風が強く、展望はほぼゼロでしたが、
大満喫の周回ルートでした。

image9.jpeg
久住山への稜線

image10.jpeg
北千里ヶ浜方面

image11.jpeg
諏蛾守越から大曲へ

大曲から車道を30分。
12時に牧ノ戸登山口着。午前中をフルに使って予定通り。大満足。


さて、ここから、
泉水キャンプ場へ移動。
九重町コミュニティーセンターと併設しており、体育館や芝のグラウンド有り、ロッジも多数。
とても広くて清潔。温泉露天風呂は入り放題。
これはまた行くかも。

泉水キャンプ村HP

image12.jpeg
設営完了 (快晴、安全)

ここで突然の商品紹介。
今回、初投入したスカルパのメスカリートミッド。
山の中で撮りたかったのですが、なにぶん天候があれでしたので...
平和なキャンプ場にて撮影です。

image13.jpeg

image15.jpeg

image16.jpeg

image14.jpeg

image17.jpeg

image18.jpeg

グリップがとても良く、ビタッと立てます。
岩場の多い山行に、とても頼りになる1足。
足首までしっかりホールドしますので、安心感も有りますね。
3シーズンの山行であれば、これで充分じゃないでしょうか。しばらく履いて歩きまわってみます。

女性用はこちら


それから、
今回のキャンプは、タープ用のペグを忘れてきてしまったので、作りました。
毎回いろんなものを忘れてきてしまうのですが、だいたいなんとかなります。

image21.jpeg

image20.jpeg

薪を割って、鉛筆みたいに尖らすだけ。簡単です。
ナイフが1本あれば。

最近よく売れているモーラナイフ。

image19.jpeg
モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティ MG

ヘビーデューティは、カーボンなので錆びますけど、ちょっと研いだらすぐに新品同様の切れ味に戻ります。
バトニングやフェザースティック作り、簡単な工作だったらこれ1本で充分。
この価格でこのクオリティはすごいです。間違いない1本です。ハッキリ言って。
(魚や調理をやる人はステンレス製をお選びいただくと良いです)



キャンプブームはまだまだ続くのでしょうか。
今後は、キャンプネタもぼちぼちアップするようにしましょうかね。

image22.jpeg


それではまた。
\(^^)/



posted by ラリーグラス at 18:13| 福岡 ☀| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする