2019年01月17日

石鎚山 厳冬期

こんにちは。
スタッフ田村です。

先日、四国の霊峰 石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)へみんなで行ってきました。

image2.JPG
石鎚山 1982m

暖冬の今シーズン。
とは言え、さすがの石鎚山。近畿以西の西日本最高峰。
しっかり楽しませてもらいました。


今回は、定休日を利用した弾丸ツアー。
月曜日、営業が終わりまずは小倉へ。

image1.JPG
小倉港 9:55発

九州から四国へ渡る方法はいくつかありますが、
行きは、
朝まで仮眠が取れる 松山・小倉フェリー にしました。
翌朝5:00に松山港着。
石鎚山ロープウェイ の始発が8:40分なので、丁度良いです。

image5.JPG
標高800mを約8分で稼ぐ石鎚山登山ロープウェイ

ロープウェイを降り、石鎚神社の中宮である成就社(じょうじゅしゃ)へ。
お参りをして行きましょう。

image6.JPG
成就社

そして、ここからが石鎚登山の始まりです。

image7.JPG
石鎚山登山口

石鎚山は、日本七霊山の一つにも数えられる信仰と修験の山。
登山道の入口には「神門」とあります。

気を引き締めて、スタート。


最初は八丁坂を下り、若干標高を下げます。
雪や氷った斜面が徐々に出てきますので、各々軽アイゼンを装着。

image8.JPG
八丁のコル

image9.JPG
チェーンセンのウルトラ(カワイイ前爪)

それから、試しの鎖をスルーして、夜明かし峠。

石鎚山と言えば、
「試しの鎖」⇒「一の鎖」⇒「二の鎖」⇒「三の鎖」
と、険しい鎖場が続きますが、ちゃんと迂回路もありますので、安心です。

image11.JPG
夜明かし峠

image10.JPG
山頂はガスの中

そして一の鎖。

image12.JPG

image13.JPG

image14.JPG

雪と氷、岩、そして凍りついた鎖。
両手両足をフルに使って登ります。

それから、二の鎖小屋にて小休止。
ここで12本(10本)のアイゼンに履き替えます。

image15.JPG
冬季用の2F入口

そして、二の鎖へ。
今の時期は迂回路を使うのが一般的なので、しばらく人が入っていない模様。
ここでまさかのラッセル。

image16.JPG

image17.JPG

image18.JPG

image20.JPG

最終的には鎖が完全に埋まり、雪の斜面の中、木々をかき分けてトラバース気味になんとかルート工作。
二の鎖はスルーが賢明か。

それから、山頂直下の三の鎖。

image22.JPG

image21.JPG

image19.JPG

そして、山頂着。

image23.JPG
頂上社(石鎚神社 奥宮)

image24.JPG
山頂着(弥山)

山頂は強風そして雪。もちろんガスで真っ白展望ゼロ。厳しい寒さ。
これぞ冬山日和!
避難小屋にて昼食です。

image25.JPG
至福のひととき

鎖で楽しみすぎちゃって、気付けば帰りのロープウェイの時間にギリギリ。

天狗岳はまたの機会に。。
必ずまた来ます。
下山。

image26.JPG
一瞬だけ顔を見せてくれた天狗岳

帰りは迂回路を使ってサクッと下山しました。

ちなみに、階段はこんな感じでした。
やはり雪は少ない模様。

image31.JPG

今シーズン初の雪山。
堪能させてもらいました。

そして鎖場。
他ではなかなか味わうことのできない貴重な体験となりました。

冬季の鎖場はとても危険です。絶対に無理はしないようにしてくださいね。


そして夜のフェリーで九州へ。
翌日水曜は、店を開けなければなりません。

image28.JPG

image34.JPG

弾丸でしたけど、良いんです。
「山っていいなあ~」と思わず声に出てしまう素晴らしい山行となりました。
感謝。


image32.JPG

帰りのフェリーは意識がありません。
言わずもがな。


posted by ラリーグラス at 14:19| 福岡 ☁| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする