2018年09月30日

嘉穂アルプス 縦走してきました

こんにちは。
スタッフ田村です。

先日、嘉穂アルプスを歩いてきましたので、ご紹介です。

福岡県嘉麻市と朝倉市の堺に位置する嘉穂アルプスは、馬見山・屏山・古処山・江川岳からなる古処連山の通称。
2016年には日本山岳遺産に認定されました。

今回は、古処山→屏山→江川岳→馬見山の順に歩いてきました。

いつも通り、公共交通機関をフル活用して、行ってきましたよ。
西鉄薬院駅から始発に乗って、甘木駅へ。
甘木駅からは、バスに乗り換えて野鳥のバス停で下車。
JRの場合は、基山から甘木鉄道に乗り換えることで、甘木まで行くことができます。
5:18薬院発で、7:44野鳥バス停着。なかなか遠い。。

image1.JPG
野鳥バス停から徒歩約10分で古処山登山口

まずは、古処山の山頂を目指します。
お隣の英彦山同様、古処山も古くから山岳宗教の聖地であったそうです。

image2.JPG

image4.JPG

image6.JPG

沢沿いを詰めていくのですが、土砂崩れや倒木も多く、登山道が完全に崩壊している個所も多々ありました。

image20.jpg

image7.JPG

林道終点を横目に。
5合目。
どんどん登ります。

image8.JPG

image10.JPG

なんだか視線を感じるナアと思ったら、そこには名もなき野仏か、それとも鹿か。

image9.JPG

古処山のピークを踏んだら、「大将隠し」へ寄り道。

image11.JPG
大将隠し

なるほど、確かに高い岩壁に遮られており、大将が隠れることができそうです。
中に入って写真を撮ったりはしません。
ひとりなので、自撮りだとなかなか難しいんですよ。。

それから、縦走路に出るともう最高!
標高800m程度なので、森林限界を超えてはいません。
枝葉から差し込む木漏れ日と、ほどよく抜ける風が大変気持ち良し。
思わず駆け出したくなるトレイルです。

image12.JPG
まっすぐ伸びるヤブツバキのトンネル

それからサクッと屏山のピークを越え、江川岳へ。
江川岳は、2018年に命名された新しい山(ピーク)です。
寄らずに近道で巻いて行くこともできますが、せっかくなんで寄りましょう。

image13.JPG
江川岳への最後の登り

image14.JPG
唯一ピークの写真 江川岳


それからググッと標高を下げて、宇土浦越。
ここまで休憩なしで3時間ちょっと。
馬見山への最後の登り返しの前に、小休止。

image15.JPG
宇土浦越

そして、馬見山のピークへ。
北側と南側、ふたつの展望が楽しめますよ(...写真なし)。


下山は馬見山キャンプ村方面へ。
小石原方面へ下りると、帰りのバスの都合が悪かったため。



御神所岩へ寄り道。
巨岩、奇岩好きにはたまらんスポット。
ぞくぞくします。

image17.JPG
御神所岩を真下から

image16.JPG
グダーのサングラス お買い求めはラリーグラスへ

あとはのんびり下山。
すれ違う地元のおじいの話を聞く。
馬見山の山頂に小屋を建てた経緯など。

image18.JPG
12:26 下山

馬見山キャンプ村からの帰りのバスは、
13:37で、その次が15:33ということで、なかなかシビア。
始発で早めに出たのは、そういった理由があったのです。

しかし下山が思ったよりも早かったので、次のバス停である馬見神社まで歩きました。

image19.JPG
馬見神社で手を合わせて終了


ということで、
今回の行程約13km。
縦走路は細かいアップダウンが続きなかなか歩きごたえがありました。

先日の北アルプスでは3日間歩き回ってもなんともなかったのですが、
嘉穂アルプス縦走翌日は、なんと久しぶりの筋肉痛。しかも割とガッツリ筋肉痛。情けない。。
嘉穂アルプス恐るべし。低山万歳。。


アアそれにしても、山歩きがとっても気持ち良い季節になってきました。
さてさて次は何処の山へ行こうかしら。



posted by ラリーグラス at 17:01| 福岡 ☔| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARC'TERYXのビジネスユースパックも優秀です。

通勤、通学などタウンユースで活躍するARC'TERYXのデイバック

Blade20
blade20.png
流線型のボディは荷物が少なくても形が崩れないつくり、スーツで背負っていてもしっかりキマる。
blade20 2.png
メインコンバートは全開し、ジャケットや弁当などしやすくiPadや書類用のポケット

blade20 オーガナイザー.png
前面のオーガナイザーポケットも充実。整頓ができるビジネスマン、かっこいいです…。

「出張用に使うから一泊はするし、20gじゃ容量が足りないよ…」という方には



Blade28.png

Blade28
blade28 メイン.png
メインコンバートはより深く設定し、1泊分の出張装備も収納可能。
会議の資料、PCなどビジネスで必要な物もしっかりパッキングできます。

秋からのビジネスバッグはARC'TERYXでいかがでしょうか?

かわべ
posted by ラリーグラス at 13:10| 福岡 ☔| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

ノースフェイス アウトドアサミット  

岡田です。こんにちは。
26,27日で、ノースフェイスさんが開催された、販売店向けのミーティングに参加させて頂きました。。


初日は、富山にある工場見学。最先端の技術と、モノ造りへの真摯な姿勢に感銘を受けました。
そして、懇親会という名の飲み会。



二日目は、立山にて散策のアクティビティーです。
室堂より出発!

DSC_0029.JPG

DSC_0036.JPG
ガッスガスですが、紅葉は抜群!ガイドさん曰く、いまが一番良い時の様です。



こんなガスの日には、きっと会えるはず・・・と期待していたら
DSC_0058.JPG
居ました!!雷鳥さん。
これから冬になると、真っ白になるんですよね。


登っていくにしたがって、だんだんガスが晴れてきましたよ。
DSC_0050.JPG
あれれ、これは見えるんじゃないかい?

DSC_0060.JPG
おお〜!
手前は大汝山かな?そして奥には、凛々しい剱岳のお姿が〜。
一気にテンションが上がりました。




そしてもう一つ、とっておきのサプライズが、我々を待っていました。
ノースフェイスのサポートアスリートである田中陽希さんが、合流されていたのです!
DSC_0069.JPG
笑顔がとっても素敵な方でした。ありがとうございます。



有意義な二日間となりました。
ノースフェイス・ゴールドウィンのスタッフの皆さま。
参加された全国の販売店の皆さま。
本当にお世話になり、ありがとうございました。





posted by ラリーグラス at 20:48| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初秋の野草

9月に見たお花を
ご紹介します。

どーも、名前を勉強中の平島です。
mizo.jpg
溝蕎麦(ミゾソバ)
溝のような湿った場所に群生
花や草姿が少しソバに似る、それで「ミゾソバ」
葉っぱが牛の額の形をしているという特長があります
senn.jpg
ボタンヅル
これは、同じキンポウゲ科の仙人草(センニンソウ)と
似ていて迷うところです
葉っぱが複葉で鋸歯があるようなないような・・・
自信なし。
tsuri.jpg
釣舟草(ツリフネソウ)
花がぶら下がっている姿が花器の「釣舟」に似ているので
この名前。
写真の花は立ってますけどね〜
kusa.jpg
クサアジサイ
花の中央部にたくさん集まっている地味な部分が両生花
大きながく片2,3枚あって目立つのが装飾花
昆虫を呼ぶ知恵か?
で、ダメな昆虫だとこっちに止まって蜜がなくて
「チェッ」とかなるんでしょうか・・・

その他
「人字草ジンジソウ」
「曙草アケボノソウ」
など見たいです。

以上、参考にした本
・高橋 勝雄さんの解説書 「野草の名前 秋・冬」 山と溪谷社 
・野の花めぐり 南方新社
でした!

では、また。





posted by ラリーグラス at 07:00| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ZEROGRAM Elchalten2P

皆さんテント選びにおいて重視することってなんでしょうか?
「とにかく軽いのがいい!」
「室内でのびのびくつろげる広さ、前室も絶対ほしい!」
「雨、風、結露に強くてフィールドや時期を選ばず使いたい!」
「めんどくさがりだから設営が簡単なのがいい!」… いろいろあると思います。

ZEROGRAMのElchalten2Pは「設営の手軽さ」「雨風に強く、結露しにくい」この二つが最大のウリになってます!!
早速見ていきましょう

image1.JPG
まず「設営の手軽さ」ですが、フライシート、インナーテント、フットプリントがフックによって一体になっているのが特長

image5.JPG
全て一体になっているため、3本のポールで吊り下げるだけで設営は完了。

それぞれの取り外しが可能なので、フライのみのシェルターとしても使えます。
雨の日は先に中を収納してフライを最後にしまえば他のものを濡らす心配も無用。

image6.JPG
3本のポールは「DAC」のfeather lite NSL 軽量ながら、悪天候に強い耐久性、耐風性を実現。
カラーリングもcool。

image4w.JPG
そしてもう一つ触れておきたいポイントが、インナーテントに使われている「モノフィラメント」
高い通気性と生地のもつ撥水性がミソで、湿った室内の空気を外に出しつつ、しかし外からの水分は通しにくい。

image2 a.JPG
さらにインナーとフライの距離が十分に取れてるので、結露を限りなく発生させにくい構造になっています。

image4.JPG
2ドアに広い前室2つ
各々が荷物を分けるスペース、出入り口を確保でき、トイレで外に出たいときは相手を気にせず出ていけるのはストレスフリー。
前室が広いと室内を荷物でいっぱいにして窮屈な思いをしなくて済むのも◎。
image52.JPG
収納袋も少しゆとりを持ったサイズ感でパッキングもラクラク〜 総重量1.8kg! コミコミでこの重量は魅力的

店頭で張ることも可能ですので気になる方はお店にどうぞ〜〜

かわべ
posted by ラリーグラス at 16:33| 福岡 ☀| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする