2018年09月17日

槍・穂高 縦走してきました

こんにちは。
スタッフ田村です。
9月に入り、だいぶ暑さも和らいできましたね。

先日、槍ヶ岳と穂高連峰を繋いで歩いてきましたので、ご紹介です。
僕にとっては、初めての北アルプス。

テン泊装備で、2泊3日。予備日を1日。
いやらしい秋雨前線がしばらく停滞していたのですが、回復に向かう予報。
連休もらったし、バスも予約したし、行くしかな~い!
京都からさわやか信州号に乗って、いざ上高地へ。

y1.JPG
5:30着。上高地。曇り。。

初日は、槍沢ルートから一気に槍ヶ岳まで。

y2.JPG
河童橋。曇り。。

y3.JPG
徳澤園。やっと晴れ間が!

徳澤園で小休止。
朝食代わりに、あたり前田の「WAY TO GO」を。
高タンパク、3種のビタミン配合、食物繊維たっぷり。お買い求めは是非ラリーグラスへ。

y5.JPG
ゆずピール入りのさわやか味。美味。

それから、梓川に沿ってぐんぐん進みます。

y6.JPG
前日までの雨が嘘のよう。鋭く清らかな梓川。

槍沢ロッヂを過ぎると、あとはひたすら登ります。

y7.JPG
槍が見えそうで見えない。

y8.JPG
見えた!

ここからが体力勝負。標高は2,500mを越え、息が切れます。そして背負ったザックの重さが足にきます。
しかし、ゆっくりゆっくり1歩ずつ。登るだけです。難しいことは何もありません。

y9.JPG
14:30 槍ヶ岳山荘着。

僕はテント泊なので、まずは山荘で受付を済ませ、テントを設営。
荷物をデポしたら、いよいよ槍の穂先へ。

y10.JPG
高度感あります。そして。。

y11.JPG
槍ヶ岳登頂。ヤッタネ!

山頂は、ほぼ貸切状態でした。堪能。感無量。。

テントに戻り、防寒着に着替えたら、山荘で夕食です。
テン泊の人間も、プラス2,000円で夕食をいただくことができます。
2,000円はちょっと高いか?いやいやそんなことはありません。
標高3,000m越えの山荘で、美味しいご飯を食べることができるというのは、これはとても大変なことなのです。

夕食を山荘でお世話になることで、荷物の軽量化にもなりますし、
アルファ米や、インスタントの味噌汁やラーメンだけだとちょっとサミシイ。
そして何より、山荘に集う皆さんというのは当然のことながら、無類の「山好き」ばかり。
山の話、ギアの話は尽きることがありません。。
こりゃあビールが美味い!プライスレス!

y12.JPG
標高3,000m越えのテン場。ペグが効かないので、張綱は多めに持って行きましょう。


二日目。朝。
いよいよ今回の山行の核心部とも言える「大キレット」越え。
夜半からの大雨。ドシャ降り。
待機。

y13.JPG
6:30 雨が落ち着いてきました。予定よりちょいと遅めのスタート!

ガスの中、まずは
大喰岳→中岳→南岳
をサクッと通過。天気が良ければ展望も素晴らしいはずなんですが。。

y14.JPG
雨は完全に止みましたが。真っ白。

南岳小屋を過ぎると、いよいよ大キレット越え。
ガスも段々と晴れてきました。


y15.JPG

y17.JPG

y18.JPG

y16.JPG
笠ヶ岳方面。槍の穂先でご一緒したご夫婦が登ってきている。

FullSizeRender.jpg
10:50 A沢のコル着。ホッと一息。

大キレットは、鎖や足場もしっかり設置されており、
三点支持で慎重に行けば、技術的にはさほど難しいものではありませんでした。
しかし、一歩でも足を踏み外せば間違いなく「大事故」です。

「ハア〜恐かった〜〜〜」

y20.JPG
まだまだ気は抜けない。ここから北穂への急峻な登り。

そして、
12:20 北穂高小屋に到着。
お昼ご飯です。

y21.JPG
辿ってきた稜線を確認。ええっと。。

y22.JPG
あっち!槍発見!

1時間10分、しっかりと休んだら(休みすぎ)、
北穂、涸沢岳を踏んで、穂高岳山荘へ。
ちなみに涸沢岳への登りも危険な個所あり。要注意。

y23.JPG
北穂高岳は小屋からすぐ。

この先は、また次第に天候が崩れ始め、たいした写真も残っていませんでした。
16時過ぎに穂高岳山荘に到着。
ビールそして飛騨高山の地酒を飲みすぎ、就寝。。


そして、
三日目。朝。

y24.JPG
安定のガッスガス。。視界は10m程度。

またまた夜は大雨でした。
しかし、前日と同じく朝には小雨に。良しとしましょう。。

テントは雨と結露でびしょびしょです。3,000mのテン場はこんなに結露するのか。
シュラフカバー必須。
割り切ってシングルウォールテントもアリだな。

ええい!びしょびしょで出発だ!
岳沢経由で、上高地まで下ります。

y25.JPG
奥穂高岳。真っ白。

奥穂から吊尾根経由で前穂へ。
ここら辺りが、今回の縦走路で一番軽快なステップで歩けたような気がします。
気持ちが良かったし、なんだか色々と込み上げてきたナア。。
天気もほぼ回復。最高です。。

image1.JPG
奥穂から前穂へ。

y28.JPG
9:00 前穂高岳。

y29.JPG
重太郎新道の下り。上高地方面。

そして、
長い長い岳沢の下りを経て、
13:30 河童橋到着。ゴール!


予備日を一日設けていましたので、小梨平でキャンプ。
テントを張ったら、まずは何日かぶりのお風呂。600円。そして生ビール。500円。

y30.JPG
濡れたテント、シュラフ、衣類、全部乾かします。


3日間、なんだかずっとテンションの高い状態、というか昂揚しっぱなしだったので、
この一日でゆっくりと心と身体をほぐすことができました。良かった。


そして、今回の山行の感想としては、
「自分はまだまだ歩けるな」
そして、
「まだまだ歩きたい!」
ということ。
ものすごく端的に言うとそのような感じです。

早くも来年の夏山の遠征計画、
さらには、これからやってくる秋そして冬山。
次はどこの山に行こうかな〜
そんなことばっかり考えています。

ああ〜楽しかった!




posted by ラリグラ at 13:18| 福岡 ☀| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

ARC'TERYX


カナダのアウトドアブランド ARC'TERYX(アークテリクス)の商品の取り扱いを開始しました!

今回は入荷したバックパックを2つご紹介。

Brize25
P1010221.JPGP1010222.JPG
日帰りハイキングから普段使い、旅行にも対応。シンプルで使うシーンを選ばないデザイン。
!cid_165dbcb94313cb3cb2a2.jpg
広い開口部でパッキングもスムーズ。

P1010223.JPG
ウエストベルトは取り外しが可能。
!cid_165dbcc6efca0ae050d6.jpg
トップポケットには外側にかえしがついており、外側から目立たない。
随所に美しさのこだわりを感じます。

!cid_165dbd287e72917ea2f1.jpg
こちらはサイズアップのBrize32

!cid_165dbcbc3bae3c688203.jpg
32ℓになるとトップリッドがつき、中がドローコードになってます。
P1010229.JPG
こちらはウエストベルト付き

P1010228.JPG
どちらにも共通するのは人間工学に基づいたアエロフォーム熟成形バックパネル
通気性、フィット感もGoodです!


P1010226.JPG
もうひとつがトレランパックのNorvan14
P1010227.JPG
ロールトップで防水性も高し!
2ℓのハイドレーションパックがついてきます。
他にもアーク商品入荷しておりますので、また紹介します!!

是非お店でチェックしてみて下さい〜

かわべ



posted by ラリグラ at 08:00| 福岡 ☁| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

『noboro』秋号、出ました!

九州のアウトドアファンの皆様!
お待たせいたしました!


季刊のぼろ 『noboro』秋号が出ました!

P1010203.JPG

今回は、祖母山の特集です。
私も大好き。いい山ですよね〜。
秋の紅葉は、また格別です。


紅葉の山は、他にもたくさん載ってます。
今号も、お役立ち情報盛りだくさん。

お早めにどうぞー。
posted by ラリグラ at 19:09| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

耳納連山 鷹取山

どーも、スタッフ平島です。
念願の「みのう山荘」の温泉へ行ってきました
minou.jpg
今回は温泉ありきで
ココへ行きたくて鷹取山を登ろうという計画になりました
20180911_141737.jpg
ここの温泉施設はとてもきれいで入浴料はなんと700円。
2個で温泉たまご180円!もちろん、レストラン内で美味しい食事とスイーツも♪
外のベンチは宝満・三郡・嘉穂アルプスを眺めながらゆーったりできて最高です。
hoto (1).jpg
山ではホトトギスの花をみて
beni.jpg
これまたお初の
「ベニツチカメムシ」を見ました。
(あまりのドクドクしい色のためブレた写真となりました)
全国に消息するらしいのですが
佐賀の黒髪山だとか特に九州の山で良くみられるそうです。
その生活様式がめずらしい昆虫らしく、まだ知らない生き物に心躍ります!

帰りに寄り道をして
hoto (2).jpg
浮羽神社へ。
そしてなんと今?見頃の
道の駅原鶴の前にあるひまわり畑は見頃となっておりました。

hima.jpg
では、また。
posted by ラリグラ at 15:42| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

7月末に行った表銀座〜西鎌尾根♪

時間がたちすぎた山行報告ですみません
7月末に「朝日カルチャーセンター」の山行のお手伝いで表銀座〜東鎌尾根〜西鎌尾根〜新穂高温泉を歩いてきました

ふらふら台風のおかげで前半は雨予報。
それでもまずは中房温泉へ。
DSC_3088_R.JPG

風呂がいっぱいあって面白い
DSC_3062_R.JPG

こーゆーの好きっす
DSC_3064_R.JPG

DSC_3065_R.JPG

あ、こんな写真を載せ始めるといつ終わるか分からなくなるので、翌日の写真へ
曇りでスタートしましたが予報通り途中から雨
合戦小屋に着くころは
DSC_3106_R.JPG

それでもここへきたらもちろん
DSC_3097_R.JPG

DSC_3098_R.JPG

満足満足
さて、メッチャ雨の中気を取り直してしゅっぱーつ
燕山荘
DSC_3118_R.JPG

あは
DSC_3117_R.JPG

先を急ぎまーす
DSC_3128_R.JPG

DSC_3136_R.JPG

喜作さーん
DSC_3139_R.JPG

DSC_3151_R.JPG

DSC_3145_R.JPG

この天気なので写真は少ないッス
で、2泊目の大天井ヒュッテ入ってゆっくり〜。
いや〜、夜は雨&風がなかなか強烈でした

で、翌朝、出発を少し遅らせて風が収まったところでGO
DSC_3157_R.JPG

槍ヶ岳山荘まで頑張りマッセ

この日も写真が少なく、いきなりヒュッテ西岳。。 ごめんなさーい 
P1010584_1_R.jpg

この日はガスったり晴れたりの繰り返し
ただ、東鎌尾根・・・なかなかやりまっせ
DSC_3176_R.JPG

P1010592_1_R.jpg

P1010595_1_R.jpg

DSC_3192_R.JPG


P1010597_1_R.jpg

P1010604_1_R.jpg

う〜ん、空が明るくなってきてるような・・・
っと思ったら
DSC_3198_R.JPG

やっべーーー
サイコーだーーーー

っと思ったらまたすぐガスの中
でも槍ヶ岳山荘までもう少し
頑張っすー

DSC_3207_R.JPG

16時前に槍ヶ岳山荘に到着。
お疲れ様でした
さすがにこの日は槍ヶ岳を拝むだけ。。
DSC_3229_R.JPG

翌日はド快晴
DSC_3248_R.JPG

DSC_3253_R.JPG

早々に朝食を済ませていざしゅっぱーつ
DSC_3256_R.JPG

DSC_3258_R.JPG

DSC_3259_R.JPG

DSC_3260_R.JPG

DSC_3261_R.JPG

DSC_3263_R.JPG

ついに来ました
槍ヶ岳山頂へ
P1010635_1_R.jpg

あぁ〜〜え〜〜天気や〜〜
P1010639_1_R.jpg

今日は西鎌尾根ですからね〜
あまりゆっくりしてられませんよ〜
っということでサクッと下りて
DSC_3273_R.JPG

小屋の前で集合写真を撮って
P1010647_1_R.jpg

西鎌尾根へGO
まぁ、天気がいいからルンルンでっす
P1010652_1_R.jpg

DSC_3287_R.JPG

北鎌尾根もよく見える〜
P1010657_1_R.jpg

途中の樅沢岳
P1010665_1_R.jpg

懐かしの双六小屋。
見えてからなかなか着かないんですよね〜
P1010669_1_R.jpg

いや〜、でも今日はホント山日和
大キレットもよく見える
P1010675_1_R.jpg

おぉっ
やっと見えたゾ
今日のお宿、鏡平山荘。
P1010680_1_R.jpg

大キレットと山荘をバックに
DSC_3305_R.JPG

やっと着いたぞー
DSC_3307_R.JPG

日焼けは痛いし、ビールはうまいし、なんかいそがしー
で、翌日も天気がいい
しゅっぱーつ
P1010688_1_R.jpg

定番の池に映る槍ヶ岳。
う〜ん、木でいまいちよく見えん。。
P1010690_1_R.jpg

あとは昨年お世話になったわさび平小屋を通過して
P1010699_1_R.jpg

DSC_3323_R.JPG

DSC_3324_R.JPG

新穂高温泉へ。

大満足の山行でしたね
お疲れ様でした

しゅ〜へ〜


posted by ラリグラ at 21:53| 福岡 ☀| フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする